出題範囲 range
出題範囲
1級 - 出題範囲
2級の知識、技法を前提とし、問題解決を円滑に推進するために必要となる論理的な思考、情報発信と表現技法、および基礎的なマネジメント技法を実践的に評価する。
2級 - 出題範囲
3級の知識を前提とし、企業の役割や責任と権限などを理解するとともに、効率的な業務の進め方、問題解決のための基本的なコミュニケーション、情報活用の技法を評価する。
3級 - 出題範囲
自らの職業観や勤労観といった概念の形成を前提にビジネス常識および、基礎的なコミュニケーション、情報の利活用など、
将来、職業人として適応するために身につけておくべき知識を評価する。
ビジネスとコミュニケーションの基本 3級 2級・(1級)
キャリアと仕事へのアプローチ
仕事の基本となる8つの意識
コミュニケーションとビジネスマナーの基本
指示の受け方と報告・連絡・相談
ビジネスにふさわしい話し方と聞き方
来客応対と訪問の基本マナー
会社活動の基本
ビジネス会話とアクティブリスニング
接客と営業の進め方
不満を信頼に変えるクレーム対応
会議への出席とプレゼンテーション
チームワークと人のネットワーク
仕事の実践とビジネスツール 3級 2級・(1級)
仕事への取り組み方・進め方
ビジネス文書の基本
ビジネス文書の作成
電話対応
統計・データの読み方・まとめ方
統計・データの活用
情報収集とメディアの活用
会社を取り巻く環境と経済の基本
会社数字の読み方
ビジネスと税金・法律知識
産業と経済の基礎知識
問題構成
1級
アチーブ問題(体系的知識問題) 10問
統計分析問題(体系的知識問題2問、実践応用問題3問) 5問
ケース動画問題(実践応用問題) 3問
2級・3級
アチーブ問題(用語知識・行動理解) 20問
新聞問題 5問
ケース問題(実践事例) 5問
統計分析問題 5問