ぺーパー方式 受付区分の変更について
各団体のご担当者さま
受験者のみなさま

いつもご利用いただきありがとうございます。
ビジネス能力検定ジョブパスでは、令和4年度(2022年度)からのペーパー方式の試験について、
会場団体(自団体においてとりまとめた受験者が、自団体の設営・運営する試験会場で受験する)のみ
受付し実施することを決定いたしました。

 つきましては、令和2年度後期試験から令和3年度後期試験まで、コロナ禍の措置として会場団体の
基準を特別に緩和して試験を実施しておりましたが、それらの措置を通常の基準として設定いたします。
会場団体以外の区分をご希望の団体様におかれましては、新基準をご確認いただき、会場団体として引き続き
ご利用いただければ幸いです。
 また、CBT方式では1人でも団体出願としてお申込みが可能です。団体のご都合の良い日に試験日を設定でき、
即時結果判定される利便性の高さがCBT方式のメリットです。

 個人出願の受付は今後CBT方式のみとなります。地域によっては会場が十分でなくご不便をおかけしており
申し訳ございません。今後も会場を追加できるよう努めてまいる所存ですが、所属する学校や会社、団体等から
団体出願もご検討いただければと存じます。

各試験方式の詳細は下記に掲載しております。
ペーパー方式受付区分と基準 https://bken.sgec.or.jp/application/group.html
CBT方式 https://bken.sgec.or.jp/application/group.html (中央の緑タブをクリック)

(2022年1月25日)
一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団
情報検定はJ検
B検Twitter
非常勤講師としてB検の指導にあたる方へ
協力保険会社
私たちは、学生生徒災害傷害保険を通じて、「ビジネス能力検定(B検)ジョブパス」
「情報検定(J検)」を応援しています。