ビジネス能力検定 B検 ジョブパス >> 【ビジネス能力検定】 ビジネス能力検定ジョブパスとは
ビジネス能力検定ジョブパスとは
ビジネス能力検定(B検)ジョブパスは、社会人に必要な仕事の能力を評価する試験です。
1995年に産学連携で開発されて以来、多くの方に受験されています。
B検の内容は、様々な職種・業種の方に必要な基礎・基本です。
学生が就職(就活)前におさえておきたいビジネス知識や社会人のマナーから、人材育成の課題である問題発見力・提案力・発信力まで、 就職間近の学生、新入社員、入社数年の中堅社員の幅広い層に取り組んでいただける試験です。
社会人に必要な内容だから
検定の特徴
● 受験者、114万人の実績(2019年2月現在)
● ビジネスの基礎だから、受験者男女比は同率(2018年度55:45)
● 合格率は3級82.5%、2級71.1%、1級35.2%
● 文部科学省後援の検定だから、履歴書にも自信を持って書ける。
● 時事、統計、新聞など社会人に必要な基礎がバランス良く網羅され、
  効率よく学べると好評。
● 高校、短大、専門学校、大学で数多く導入。
● 社会人では、内定者や新入社員の研修や、人事制度への導入実績あり。
● 幼稚園の先生、公務員、インストラクター等々、さまざまな方が受験
技能の概要
●時事用語やビジネス用語がわかる。
●ビジネスマナーやコミュニケーションの基本を理解できる。
●新聞記事を読み、内容理解ができる。
●表やグラフを見て、問題発見や分析ができる。
●仕事の場面を想定したケースを読み、主人公の行動の改善点と仕事の取り組み方がわかる。
※1級ではすべての問題は記述式。
 ビジネス用語はもちろん、統計分析問題やケース動画問題では200~300字で解答します。
 確実な知識と論理的思考力、提案力、表現力が求められます。