ビジネス能力検定 B検 ジョブパス >> 【出題範囲】2級サンプル問題
2級サンプル問題
2級 アチーブ問題
※今までの問題形式だけでなく、下記のように、語群から選択、正誤の組み合わせ等新しい形式も取り入れて出題していきます。
※本問題は全25問の出題となります。
次の記述の[    ] に入れるべき字句を選択肢から選べ。
(1)[ (1) ] かかる費用や仕事の量に対して得られる効果や満足度を表す用語である。
(2)[ (2) ] 設備や機器、システムなどを運用・管理し続けるために必要な費用を表す用語である。
(3)[ (3) ] 設備や機器、システムなどを新たに設置・導入するときの費用を表す用語である。
【(1)~(3)の選択肢】
  ア.ランニングコスト   イ.コストパフォーマンス   ウ.コストダウン
  エ.コストアップ   オ.コストインフレーション   カ.コストカッター
  キ.イニシャルコスト   ク.コスト意識   ケ.スイッチングコスト
解答
(4)次の職業人の大切な意識として、最も適切なものを選択肢から選べ。
【選択肢】
  ア.目標を達成することは自分の能力を高めることになるので、自身の定めた仕事を最優先する。
  イ.状況の変化に臨機応変に対応するため、最善の判断や職業倫理をその都度変更する。
  ウ.常にコストを意識し、会社の利益獲得に貢献する姿勢を持ち続ける。
  エ.常に最善を尽くすことを意識すれば、結果にはこだわらず進めることが大切である。
解答
次の(5)~(8)の記述と一致する用語を選択肢から選べ。
(5)物価の変動によって家計で消費される費用の変化を指数で示したもの。
(6)市中銀行が一定期間、中央銀行に預ける預金残高の比率のこと。
(7)景気が良いと答えた企業の割合から景気が悪いと答えた割合を引いた指数のこと。
(8)中央銀行が市中銀行に貸し出しするときの基本金利のこと。
【選択肢】
ア.日銀短観   イ.預金準備率   ウ.公定歩合   エ.消費者物価指数
解答
(9)次の①~⑤は問題の発見と改善策の立案を示した記述である。これらを並び替え、正しい手順を選択肢から選べ。
① 実施した場合の効果と影響を事前に予測する。
② 様々な可能性を考え、複数案作成する。
③ 自分自身や周囲が納得する案を選択する。
④ 発生した問題の原因を調査・分析する。
⑤ 一定の結果が出るまで経過をよく観察する。
【選択肢】
  ア.①→③→④→②→⑤   イ.④→①→③→②→⑤
  ウ.④→②→①→③→⑤   エ.①→④→②→③→⑤
解答
2級 ケース問題
※今までの問題形式だけでなく、下記のように、語群から選択、正誤の組み合わせ等新しい形式も取り入れて出題していきます。
※本問題は全5問の出題となります。
問題.次のケースを読んで、設問に答えよ。
 酒井智と米田真司は学校向け教科書の出版を専門とする、教学堂出版で事業開発部に所属する3年目の社員である。 教学堂出版では今年、新規の事業として、米国の大手ソフトウェアメーカーのワールドソフト社(WS社)と提携し、同社の人気ビジネスパッケージソフト「デスクセンス(DS) 日本語版」の操作方法や活用方法などを「教育用DVD」として開発し、商品化を目指すこととなった。
 この目的は、教学堂出版が学校などのこれまでの出版市場に加え、WS社のブランドを掲げて、社会人をはじめとした一般の市場に参入を果たすことにある。
 その第一弾としての「教育用DVD」は自習用、集合教育用の双方で利用でき、さらにWS社が運営するSNS(Social Networking Service)を活用して、学習者同士による学習資源の共有や情報交換など、相互コミュニケーションの発展をコンセプトとしている。
 この事業の推進のため、教学堂出版ではプロジェクトチームを立ち上げることとなり、事業開発部の近藤課長、酒井と米田、さらに、出版営業部から主任の志村が加わり、当初はこの4名でプロジェクトチームをスタートする。
 チーム会議の結果、はじめに「教育用DVD」の開発にあたり、DSに搭載されている各種ソフトの中から「教育用DVD」として商品化が有望なソフトの選定を行うこととなり、酒井と米田がDSソフト利用者の状況を多角的に検証し、選定するソフトの候補をチーム会議に提案することとなった。
 彼らの手元にはWS社のホームページにある「お客さまサポート-操作・活用に関するQ&A」において、DSの操作・活用に関わる問い合わせへの回答集の内容について、利用者がその回答や情報を評価した結果を各ソフト別に集計した資料がある。
2級サンプル問題

(1)酒井と米田は「DS_お客さまサポートQ&A評価件数集計一覧」の分析を①~④のようにまとめた。[    ] に入るべき適切な字句の組み合わせを選択肢から選べ。
①DSのソフト5本の中で、最も利用者が多いと思われるソフトは[ (a) ] である。
②別の関連情報へ移動する利用者は、ここでの回答や情報が[ (b) ] 可能性が高いと考えるべきである。
③[ (c) ] のここでの回答や情報は「役に立った」「役に立っていない」がほぼ半々という評価である。
④Savannaの評価件数が少ない理由は、操作・活用に支障がないことが考えられるが、一方で、このソフトの需要が[ (d) ] 可能性も考えられる。
【選択肢】
a b c d
ICHIRO 役に立った Exila 多い
Exila 役に立った ICHIRO 少ない
ICHIRO 役に立っていない Exila 多い
Exila 役に立っていない ICHIRO 少ない


解答
 酒井と米田はこの分析結果から、「教育用DVD」のソフト開発には表計算ソフトの「Exila」が有望であることで一致し、チーム会議に「Exila」を提案、選定することが決定した。
 この決定をもとに、後日、社長を含めた幹部による経営会議ではかる「事業計画書」の作成にむけて作業分担を行った。酒井と志村は事業収益の見通しについての資料作成、 酒井はDVD開発のための資材を含めた費用の見積もり、志村はプロモーションの企画、およびそれにかかる経費の算出、米田は経営会議でのプレゼン資料の検討などに入った。
 そして1週間後、酒井は業者に依頼していたDVDの撮影にかかる経費の見積もりを2社に絞り検討していた。
2級サンプル問題

(2)この見積書に関して、酒井と志村の会話の中で[    ] に入れるべき適切な字句の組み合わせを選択肢から選べ。
酒井
「この2社ならフューチャービデオで決まりですよね。」
志村
「どうして?」
酒井
「だって金額が100万円以上違うじゃないですか。」
志村
「それは、下線部の金額に、[ (a) ] が含まれているか、いないかだけだよ。それよりも、フューチャービデオは制作費が一式でまとめられてるね。これだと、[ (b) ] が不明確だから、経営会議で細かいことを質問されたら答えられないよ。」
酒井
「それもそうですね。でも、スマイル映像は[ (c) ] が厳しいですよ。年内にお願いしたいと言ったけれど、このあとのプロモーションのスケジュールなどを考えるとぎりぎりですよ。」
志村
「それではフューチャービデオに、制作費の内容を確認してみよう。場合によっては再度、見積書を出し直してもらってから、最終的に推薦する業者を話し合おう。」
【選択肢】
a b c
初期費用 技術 支払条件
消費税 技術 支払条件
消費税 内訳 納期
初期費用 内訳 納期


解答
 志村はプロモーション企画案として①~⑦の内容を提示しようとしている。経費の算出については、不特定多数へのプロモーションに投じる経費(初期費)と、特定の顧客に対するプロモーションの経費(定常費)の2つに仕分けて整理した。
プロモーション企画案
  ① 社長による記者発表。
  ② 当社の商品カタログに掲載。
  ③ 当社のWebサイト内に利用者登録型の“無料体験版”を設置。
  ④ ターゲットとなる顧客にWebサイトに誘導するダイレクトメール(DM)を発送。
  ⑤ 企業、学校等の教育担当者に対する新製品説明会の実施
  ⑥ コンピュータ系の雑誌への広告掲載 (DMと同様のWebサイトへの誘導型広告)
  ⑦ “無料体験版”登録者に対して、本製品の新着情報などをメール配信
(3)志村のプロモーション企画案①~⑦のうち、初期費として仕分けられるものを選択肢から選べ。
【選択肢】
  ア.①,②,⑤   イ.①,②,⑥   ウ.①,③,⑥   エ.①,③,⑦
解答
 一方、米田はプレゼン資料の作成に取りかかっている。出版社の経営会議であるため、参加者は、多くの文字情報を読むことに抵抗はないが、米田は敢えて、動画やインターネットといった、映像情報を中心としたプレゼンで臨むこと選択した。
(4)米田が経営会議で敢えて、映像情報中心のプレゼンを行うことを選択した理由として、最も不適切なものを選択肢から選べ。
【選択肢】
  ア.会社の新規事業であり、しかも商品自体が映像媒体である。プレゼンで映像を利用する事は、むしろ必然であると考えた為。
  イ.映像は文字情報の数十倍の効果があるといわれている。参加者にはできる限り、多くの情報を伝えるべきと考えたため。
  ウ.収益見通しなど、文字情報だけで表されると、不都合な面のみが浮き彫りとなってしまう場合がある。映像情報によって、
    そうした負の部分をカバーしたいと考えたため。
解答
2級 統計分析問題
※今までの問題形式だけでなく、下記のように、語群から選択、正誤の組み合わせ等新しい形式も取り入れて出題していきます。
※本問題は全5問の出題となります。
問題.つぎの資料は、水族館を中心として、水をモチーフにした4つの屋内アトラクションをもつ
    複合型エンターテインメント施設の、ある1週間の営業状況に一部推定を加えて作成したものである。
    資料を見てつぎの設問に答えよ。
2級 統計分析問題 資料1 2級 統計分析問題 資料2 2級 統計分析問題 資料3


(1)次の<資料1>の説明として適切なものを選べ。
  ア.4種類のアトラクションのうち、総利用者数が最も多かったのはバーチャルシアター【アマゾンの逆襲】である。
  イ.4種類のアトラクションのうち、売上高が最も大きいのは屋内コースター【カリビアンエクスプレス】である。
  ウ.e-プランカードを利用してアトラクションを利用した人(のべ人数)のうち半数は、スリルライド【サブマリンクライシス】に
    乗っている。
  エ.e-プランカードを使って全4種類のアトラクションを利用した場合、利用料金が1割引きで乗れることになる。
解答


(2)次の①,②は<資料2>を分析した記述である。[    ] に入れるべき適切な字句の組み合わせを選択肢から選べ。
①曜日別の入場者では土曜・日曜の入場者の多さが目立つが、分類別にみると、[ (a) ] は、1週間を通して大きな変動がなく、
  日曜の入場者は1週間の中でも2番目に少ない。
②入場者の全体数では土曜が最も多く約1,500人となっており、平日で最も入場者の多い金曜日と比べると、
  [ (b) ] になっている。
【選択肢】
a b
グループ 約2倍
カップル 約3倍
グループ 約3倍
カップル 約2倍


解答


(3)資料を参考にして、次の3名の社員の会話中、[    ] に入れるべき適切な字句の組み合わせを選択肢から選べ。
石川
「現在、e-プランカード購入者のうち水族館入館者は[ (a) ] ですが、全員が入館すれば売上があと[ (b) ] 伸びますね。」
宮崎
「全員が水族館に行くことは考えにくいのではないかな。それよりも、カップルをもっと呼び込むために、[ (c) ] を割引したらどうでしょう。」
宮崎
「今のe-プランカードの購入者のうち、8割が平日の入場者だと仮定してみましょう。[ (c) ] を1,800円にして、その代わりに入場者が1日あたりあと25組増えれば、e-プランカードの売上が25万円増えることになります。」
(※休日の人数は変わらないものとする。)
【選択肢】
a b c
90% 225,000円 休日のe-プランカード
80% 450,000円 平日のe-プランカード
80% 225,000円 平日のe-プランカード


解答